遺産相続相談窓口 HOME > 専門家検索 > 大阪府 > 堺みくに法律事務所

大阪府堺みくに法律事務所 の専門家詳細情報です。

堺みくに法律事務所

専門家 : 弁護士

対応地域 : 大阪府, 関西地域

堺みくに法律事務所

遺産相続(遺産分割、相続放棄、遺留分滅殺請求、遺言書作成)、成年後見

「相続のトラブルでお困りの方」、「相続対策で不安な方」など相続に関するお悩みを、遺産相続に強い経験豊富な弁護士が解決いたします。

 

遺産分割
・親族どうしで、遺産の分け方についての話し合いがまとまらない。だんだん気まずくなってきた。
・これからも親族としてお付き合いしていくことだし、なるべくもめないように、円満に解決したい。

 

相続放棄
・亡くなった親に借金があったので相続を放棄したいが、手続きのやり方がよくわからない。
・交流がなかった親戚が亡くなったことを最近知りました。しかも私が相続人だと言われて、亡くなった親戚の借金を払うように言われて困っています。

 

遺留分滅殺請求
・亡くなった父がすべての遺産を長男に相続させるという遺言をしていました。私にも父の子として相続権があると思いますが、遺産を全くもらえないのでしょうか。

 

遺産書作成
・私が亡くなった後に、子どもたちが私の財産のことでもめないようにしておきたい。
・自分が元気なうちに、法律的に間違いない遺言書を作って、安心して老後を暮らしたい。

 

成年後見
・認知症等により財産の管理ができないため、専門家に財産管理をお願いしたい。

堺みくに法律事務所 堺みくに法律事務所

相談しやすい雰囲気づくり

ご相談者様からお話をお伺いする時には、ゆっくりと丁寧にその内容に耳を傾けて、できる限りご相談者様のご希望に添えるような解決方法をご提案させて頂いております。難しいことを分かりやすく話すことには自信があります。

 

相談室は、緑を多用し、相談しやすい雰囲気にしています。あまり弁護士事務所ぽくないと言われることも多いですが、相談者の心理的負担を少しでも和らげるために、工夫しています。安心してご相談していただくため、完全個室でゆったりとした相談室にしています。

 

ご相談者様のなかには、弁護士に対して「敷居が高い」「費用が高い」とお感じになられている方もいらっしゃいますが、当事務所にお越しになればそんなことはないことがすぐにお分かり頂けるかと思います。

堺みくに法律事務所 堺みくに法律事務所

分かりやすい費用体系・アクセス抜群

相談・ご依頼をお受けする前に、相談料、着手金、成功報酬、実費等を含めて十分にご説明いたします。

また、見積もりは無料ですし、ご依頼を受ける場合には必ず費用を明示した委任契約書をお作りします。その上で、ご納得いただいてから、契約させていただきます。旧日弁連報酬基準規定に準拠した明確な弁護士費用とし、事前に丁寧にご説明させていただいています。

 

アクセスは南海高野線・JR阪和線の三国ヶ丘駅徒歩1分の立地です。
堺市内にある法律事務所は、大阪地裁堺支部のある堺東駅周辺に固まっています。これは、弁護士が裁判所に行きやすいからです。
しかし、弁護士に法的手続を依頼する場合、依頼者本人が裁判所に行くことはそう多くはありません。そのため、依頼者のアクセスを重視し、三国ヶ丘駅からほど近い場所に事務所を置きました。

堺みくに法律事務所 堺みくに法律事務所

~堺みくに法律事務所からのメッセージ~

相続の問題を解決することは、簡単ではなく、依頼者の方の様々な状況に配慮し、深く的確な知識を用いて、慎重に扱っていかなければなりません。
しかし、事件が終わり、感謝の言葉をいただくこともあり、そんなときは本当に喜びを実感します。

 

相続の問題は、家族・親族間の問題です。大切な方が亡くなられて、まだ気持ちの整理がつかないうちに、遺産の問題を解決しなければならないことも多くあります。仲の良かった兄弟姉妹・親戚が、遺産の問題で不仲になってしまうこともあります。
そんなとき、まずは堺みくに法律事務所の弁護士にご相談ください。

〈 専門家事務所情報 〉

事務所名
堺みくに法律事務所
専門家名
岸本 行正
所属団体
大阪弁護士会
登録番号
33773
所在地
〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町2-5-10 三国ヶ丘杉本ビル7階
最寄駅
JR・南海線「三国ヶ丘」駅から徒歩1分
電話番号
072-260-4392
対応地域
大阪府, 関西地域
受付時間
9:00~17:30
定休日
土日祝
相談料
初回30分無料/30分以降5,000円(税抜)

〈 アクセスマップ 〉

所在地
〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町2-5-10 三国ヶ丘杉本ビル7階
最寄駅
JR・南海線「三国ヶ丘」駅から徒歩1分
掲載をご検討の専門家の方へ