遺産相続相談窓口 HOME > 相続の用語解説 > 相続分の譲渡

相続分の譲渡

1.相続分の譲渡とは

 

遺産相続が起こると、法定相続人が相続分に従って遺産を取得します。ただ、相続人は、自分の相続分を他者に譲ることができます。このことを、相続分の譲渡と言います。

相続分の譲渡を受けた人は、もともとの相続人と同じように遺産相続をします。

相続分の一部のみを譲渡することも可能と考えられています。たとえば、自分が2分の1の相続分を持っているときには、4分の1の相続分のみを譲渡して、自分の手元に4分の1の相続分を残すことなどができます。

 

 

2.相続分の譲渡ができる相手

 

相続分の譲渡をすることができる相手は、共同相続人には限りません。まったくの他人に対して相続分の譲渡をすることも可能です。

相続分を完全に譲渡すると、譲渡した人は遺産を受けとらなくなるので、遺産分割協議に参加することはありません。反対に、譲渡を受けた人が遺産分割協議に参加しなければなりません。遺産分割協議には、相続人が全員参加しなければならないので、相続分の譲渡を受けた人がまったくの他人であっても、親族同士の遺産分割協議に参加することになります。

 

 

3.相続分の譲渡ができる期間

 

また、相続分の譲渡ができる期間は、遺産分割協議前のみです。遺産分割協議が済むと、相続分ではなく具体的な相続財産が決まってしまうので、もはや相続分の譲渡ができなくなります。

 

 

4.相続分の譲渡が行われる場合とは?

 

自分以外の人に相続分を譲ってしまうという相続分の譲渡ですが、具体的にはどのようなケースで行われるのでしょうか?

それは、以下のようなケースです。

 

・遺産分割協議に参加したくないとき

相続人が複数いる場合には、遺産分割協議をしないと、遺産を受けとることができません。しかし、遺産分割協議はトラブルになることも多いです。自分以外の相続人がトラブルになっているときや、トラブルになりそうなときには、自分はその相続トラブルに巻き込まれたくないことが普通です。そのような場合、相続分を人に譲ってしまったら、面倒な遺産分割協議に関わる必要がなくなります。

 

・早期に現金を取得したいとき

遺産がたくさんあるときには、相続人は多額の遺産を相続することができるはずですが、実際に遺産を取得出来るのは、遺産分割協議が終わった後です。ところが、遺産分割協議が長引くことも多く、遺産を取得できるのが相続開始後数年後になることなどもあります。

 

このように長期間待っていることができない場合には、相続分を早期に譲渡してしまうことにより、現金化することができるメリットがあります。

 

 

5.債務の取扱い

 

相続分の譲渡が行われたら、債務がどうなるのかも問題です。

相続分を譲渡すると、相続分がまるごと移転するわけですから、債務についても移転すると考えられます。ただ、債務の譲渡については、債権者には対抗できないと考えられています。つまり、相続分を譲渡しても、債権者から債務の支払いの督促があったら、もともとの相続人は支払いに応じないといけない、ということです。

債務の支払いをしたくないのであれば、相続分の譲渡ではなく相続放棄をしなければなりません。

以上のように、相続分の譲渡をする際にはいろいろな注意点があります。

適切な方法がわからない場合には、専門家に相談すると良いでしょう。

相続の用語解説 一覧へ戻る
掲載をご検討の専門家の方へ