遺産相続相談窓口 HOME > 相続の用語解説 > 限定承認

限定承認

1.限定承認とは

 

遺産相続をするとき、相続人は限定承認をすることができます。限定承認とは、遺産を調査して、プラスの資産がマイナスの負債を上回っている場合に、その差額のプラス分のみを受けとることができるという相続方法です。限定承認をすると、マイナスの負債が上回っている場合には相続しません。

限定承認は、遺産の中に借金や負債がある場合によく利用されます。

借金や未払金、未払家賃などの負債も相続の対象となります。そこで、相続人は、単純に遺産相続を承認すると、それらの負債を支払わないといけなくなります。

通常は、そのような負債の相続はしたくないでしょう。そこで、相続を免れる方法を考える必要があります。

ここで役に立つのが限定承認です。限定承認をすると、遺産を差し引きしてマイナスになっていたら相続しなくて良いのですから、遺産の中に負債が含まれていても安心です。

しかも、プラスの資産があれば、その分は受けとることができるので、損をすることもありません。

 

 

2.限定承認のメリット

 

限定承認をすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

この場合、まずは負債を相続しないで済むことが大きいです。たとえば、被相続人がサラ金で借金をしていたり、事業を行っていて多額の事業ローンを利用していたりした場合、そのまま相続をすると、相続人がその負債の支払をしないといけません。借金が莫大で遺産からの支払いが出来ない場合、相続人の個人資産から借金の支払をしないといけなくなります。それでも相続人にも支払いが出来ない場合には、相続人は自己破産などの債務整理をしないといけません。このように、負債を相続すると、相続人には多大な不利益があります。ここで限定承認をすると、負債を相続しなくて良いのですから、このような心配がなくなって安心です。

また、限定承認をすると、プラスの資産を受け取れるというメリットもあります。借金を免れるだけなら相続放棄をしても同じ効果が得られます。相続放棄をすると、すべての遺産相続を放棄することになるからです。

ただ、相続放棄すると、プラスの資産も一切受けとることができません。たとえ遺産内容を差し引きしてプラスの資産が上回っていたとしても、それを受けとることはできないので、損をしてしまうおそれがあります。

この点、限定承認なら、プラス分がマイナスを上回ったらその分の遺産相続はできるので、メリットが大きいです。

 

 

3.限定承認の期限

 

限定承認を行う場合には、期限があるので注意が必要です。限定承認は、自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月以内に行う必要があります。その具体的な意味は、被相続人が死亡したことと、遺産の中に負債があることを知ってから3ヶ月以内と理解されています。それを過ぎると限定承認も相続放棄もできなくなります。そうなると、単純承認して借金を相続するしかなくなりますので、十分注意が必要です。遺産の中に負債があったら、早めに限定承認か相続放棄の手続きをしましょう。

相続の用語解説 一覧へ戻る
掲載をご検討の専門家の方へ