遺産相続相談窓口 HOME > 相続の用語解説 > 換価分割

換価分割

1. 換価分割とは

 

遺産分割を行う際、遺産の中に不動産が含まれていると、どのように分けるかが問題になることが多いです。

不動産は1つしかないため、複数の相続人が取得を希望すると誰が相続するかでトラブルになることがありますし、逆に誰も取得を希望しない場合にも、どう処分すべきかが問題になります。かといって、共有状態にすると、後に自由に売却などの処分ができなくなってトラブルの原因になることが予想されます。

そこで、不動産を遺産分割する場合には、トラブルを避けて全員の相続人が納得する方法を検討する必要があります。ここで利用することができる方法の1つが、換価分割です。

換価分割とは、遺産の内容である不動産について、売却してその売却代金を相続人が法定相続分に応じて分ける方法です。

換価分割をすると、各相続人が法定相続分に応じて現金を取得出来るので公平に遺産を分けることができますし、後に売却などの手続きをする必要もないので、後に問題が残りません。相続人の誰も不動産の取得を希望しない場合などには、とても有用な解決方法になります。

 

 

2. 換価分割のメリット

 

不動産の換価分割を行うメリットには、以下のようなものがあります。

まずは、不動産を完全に公平に分けることができる点です。

不動産は、高額なので1人の相続人が取得すると他の相続人との間で不公平になります。代償金を支払うとしても、不動産の評価方法にはいくつもの方法があるので、どの評価方法をとるかによって代償金の金額が大きく変わってきて、必ずしも公平になるとは限りません。将来の値上がり、値下がりの可能性もあります。

この点、売却して現金を法定相続分通りに分ける換価分割なら、完全に公平で文句は出ません。

また、相続人の誰も不動産の取得を望まない場合、簡単に不動産の分割ができます。

さらに、売却によって不動産がなくなるので、相続後の管理や活用、売却などの手続きが不要になって手間が省けます。固定資産税の支払いも不要なので、無駄な出費も発生しません。

以上のように、換価分割にはたくさんのメリットがあります。

 

 

3. 換価分割のデメリット

 

次に、換価分割のデメリットを見てみましょう。

換価分割をすると、受け取れることができる遺産の価格が減少する可能性が高いです。

まず、売却の際には不動産業者に対する仲介手数料や譲渡所得税、住民税、登録免許税などの税金がかかります。

これによって、無駄な費用がかかって受け取れる金額が目減りするのです。そうであれば、代償分割をした方が受取金額が高かったというケースもあります。

また、売り急ぐことによって、希望より低い価格でしか売却できず、思ったほど大きな金額が入ってこないこともあります。

さらに、不動産を持っていたら賃貸などに出して活用することもできますが、売却してしまうと、そのような活用はできず収益は見込めません。相続後に不動産が値上がりした場合の値上がり益なども得ることができなくなります。

以上のように、換価分割にはそれなりのデメリットもあるので、不動産の分割方法を決める際には、メリットとデメリットを踏まえた上で、慎重に検討することが必要です。

相続の用語解説 一覧へ戻る
掲載をご検討の専門家の方へ